バストアップ方法

バストアップ方法@たった3つの方法で簡単に短期間でできる正しい育乳☆彡

胸を大きくする方法は色々なやり方がありますが、実際に効果的なバストアップの方法とは一体どういうものなのでしょうか。

 

 

バストアップ方法@たった3つの方法で簡単に短期間でできる正しい育乳☆彡

バストアップに大切なポイントは3つ!

リンパのケア

サプリなどで女性ホルモンを外部から吸収したとしても、胸を大きくするための毒素や老廃物の排出がうまくいってないと、うまく巡回しません。
まずは体内の流れを良くする身体にすることが大切です。

ツボの刺激

流れを良くしたらツボの刺激やマッサージで女性ホルモンを分泌しやすい身体にすることが大切です。

陰陽のストレッチ

心身のバランスを整えて女性ホルモンの分泌を促進させます。


 

バストの悩みは人それぞれ。100人いれば100通りの悩みがあります。

 

胸が小さい。

 

胸が垂れている。

 

左右のバストが離れている。

 

片方の胸の形が嫌。

 

ハリやツヤがない。

 

乳首のくすみや黒ずみが気になる。

 

豊胸手術はせずに、バストアップクリームなのか、バストケアサプリなのか、バストアップマッサージなどを有効的に活用し自分にあった最適なバストアップ方法を行うことが大切です。

2カップアップに成功したバストアップ方法とは。

バストアップには、ただ自己流のマッサージをしても効果がありません。

 

また、補正下着をつけたりパットに頼ることでは、解決策にはつながりません。

 

それは、自己流のマッサージや間違ったリンパトリートメントでは、老廃物や毒素を体外に排出できないからです。

 

正しい老廃物の流し方と適切なツボを刺激することがバストアップにつながるのです。

 

この、自己流を続けてバストアップの常識だと勘違いしてしまうことが、効果のでない原因につながります。

 

また、補正下着や矯正下着には締め付けることでリンパの流れを悪くしてしまうので、リンパトリートメントの理論から考えると、これも逆効果になってしまいます。

 

バストアップに関する常識だと思ってしまうことは、他にもあります。

 

大胸筋を鍛えるということです。

 

鍛えることで、体型は良くなるかもしれませんが、バストは脂肪と乳腺からできています。

 

鍛えることで筋肉になってしまい、ふんわりとした魅力的なバストにはつながりません。

 

大澤美樹さんの『バストアップラボ』というバストアップ方法には、その常識を変える方法があるのです。

 

2カップアップに成功した大澤美樹さんのバストアップ方法を見てみる>>

バストのカップサイズよりも大事な事。

バストといえばカップサイズ、と、男性も女性もとにかくカップサイズを気にしがち。でも、カップサイズはほんの目安でしかありません。同じCカップでも、巨乳だという印象を与えるバストもあれば、控えめに見えるバストも。
その差はどこにあるのでしょう?
バストサイズは、トップバストとアンダーバストの差で決まりますが、実は、バストの印象を一番左右するのは「バストの上半分」なのです。いくらカップサイズが大きくても、バストの上半分が痩せていると貧相な印象に。逆に、バストの上半分が盛り上がっていると谷間もでき、ゴージャスな印象になりますね。叶姉妹のバストの上半分を思い出してください。こんもり、山のように盛り上がっています。加齢とともにこの部分が痩せると、あばら骨が透けてしまってますます貧相になってしまいますよ。
バストの上半分を盛るには、寄せて上げるタイプのブラをつけたり、バストの外側にレモン型パットをつけて、内側に内側に胸を寄せると良いです。